【オススメ本】「恋をし恋ひば かんなり草紙」

f:id:snowballnote:20211105103847j:image

 

 

「恋をし恋ひば かんなり草紙」

 


恋をし恋ひば かんなり草紙 (小学館文庫キャラブン!)
 Amazon

草紙シリーズ

 

著者 深山くのえ

イラスト アオジマイコ

ジャンル ライトノベル/恋愛・ロマンス

出版社 小学館

発売日 2020年1月12日

 

登場人物

沙羅(藤原祐子)

梅壺の女房で、亜相の君と呼ばれている。

 

父は故山吹大納言。

 

美しく、おとなしい女性。

 

藤原朝蔭

沙羅の元許嫁で、右近少将。

 

大納言藤原朝任の次男。

 

王女御

沙羅の従姉妹で、梅壺に住む女御。

 

父は式部卿宮。

 

好郷

朝蔭の乳兄弟。

 

藤原朝任

朝蔭と藤壺女御の父で、中御門の大納言と呼ばれている。

 

非情な人物。

 

乾の衛士

王女御の飼い猫。帝から賜った三毛猫。

 

夜歩きする。

 

あらすじ

両親を亡くし家の財産も奪われた大納言の娘・沙羅。縁談もなかったことにされ路頭に迷いかけるが、女房として内裏に入り、今は幸せだった頃をときおり思い出しながら静かな日々を過ごしている。ある日の夜、ひとり庭をながめていた沙羅の前に宿直装束姿の男が現れる。親しげな様子で話しかけてくる男は藤原朝蔭と名乗るが、それは忘れたくても忘れられない、かつての許婚の名前だった。運命に翻弄され裏切られ、すべてを諦めて生きてきた沙羅だが、ゆっくりと朝蔭に心を開くように。だが、右大臣家の姫君と朝蔭の縁談が調ったという噂を耳にして―。

引用元:

恋をし恋ひば かんなり草紙 (小学館文庫キャラブン!) | 深山くのえ, アオジマイコ | ライトノベル | Kindleストア | Amazon

 

オススメポイント

ロマンス度 ★★★★☆

せつなさ度 ★★★★☆

読みやすさ ★★★★★

(個人の感想)

 

こんな方にオススメ

  • 平安時代の物語が好きな方

 

  • 一途なヒ-ロ-が好きな方

 

  • 不憫なヒロインの物語を読みたい方

 

草紙シリーズ

草紙シリーズは平安時代の後宮が舞台ですが、現代のラブストーリーのように読みやすい作品です。

 

読み切りなので、1巻だけ読んでも楽しめます。

 

心を閉ざしたヒロインと頼もしいヒ-ロ-

幸せを諦めてしまった沙羅と一途な朝蔭のラブストーリーです。

 

沙羅は度重なる不幸で心を閉ざしていましたが、朝蔭の一途な想いに少しずつ心を開いていきます。

 

朝蔭は沙羅に拒絶されても一途に口説き続けます。

 

沙羅が諦めてしまったことを解決してくれる頼もしい男性です。

 

権力闘争

現在東宮には帝の叔父がついていますが、あと何年かの内には2人の皇子のどちらかに代わることになっています。

 

皇子の1人は、朝蔭の姉、藤壺の女御が生んだ一の宮です。

 

後宮の中の権力闘争も書かれています。

 

草紙シリーズ

yukinotama.com

 

深山くのえさんの著書

隠れ姫いろがたり -紅紅葉- (ルルル文庫) Amazon

 

乙女なでしこ恋手帖 字のない恋文 (ルルル文庫) Amazon

 

浪漫邸へようこそ (ルルル文庫) Amazon

 

などがあります。