【オススメ本】「色にや恋ひむ ひひらぎ草紙」

f:id:snowballnote:20211025125928j:image

 

 

「色にや恋ひむ ひひらぎ草紙

 


色にや恋ひむ ひひらぎ草紙 (小学館文庫キャラブン!) Amazon

草紙シリーズ

 

著者   深山くのえ 

イラスト アオジマイコ

ジャンル ライトノベル/恋愛・ロマンス

出版社  小学館

発売日  2020年9月13日

 

登場人物

橘淑子

橘典侍。

 

妹に許嫁を奪われ、宮中に出仕している。

 

正義感が強い。

 

「柊の典侍」というあだ名を付けられている(愛嬌がなく、言葉がきつく、柊の葉のようだという意味)。

 

源誠明

源蔵人。東宮の嫡子だが、臣籍降下した。

 

寡黙で真面目な性格。

 

面白味のない堅物と言われている。

 

藤原豊隆

淑子の元許嫁で、妹の夫。

 

右大臣の次男で、蔵人少将。

 

色好み。

 

橘基則

淑子の父で、中納言。

 

軽率なところがある。

 

夏実 

有能な女孺。

 

人脈が広く、情報収集が得意。口が固い。

 

あらすじ

妹に婚約者を奪われ、母親に勧められるまま後宮で働くことになった淑子。真面目な性格ゆえ、愛嬌がなくて刺々しい『柊の典侍』と呼ばれたり、同僚に煙たがられたりしながらも、常に祈然とした態度の淑子は、女同士の争いが絶えない後宮で、揉めごと解決に頼れる存在となっていく。そんなある日、初めて顔を合わせた新任の蔵人、源誠明から求婚された淑子。彼は東宮の嫡子でありながら臣籍降下した、いわく付きの人物。突然の求婚に戸惑いながらも、心をざわつかせる淑子だが…。後宮を舞台に、複雑に絡みあう恋を描く、深山くのえの平安恋絵巻!

引用元:

色にや恋ひむ ひひらぎ草紙 (小学館文庫キャラブン!) | くのえ, 深山 |本 | 通販 | Amazon

 

オススメポイント

ロマンス度 ★★★☆☆

せつなさ度 ★★★★☆

読みやすさ ★★★★★

(個人の感想)

 

こんな方にオススメ

  • 平安時代に興味がある方

  • 誠実なヒーローが好きな方

  • しっかり者のヒロインが好きな方

 

草紙シリーズ

草紙シリーズの2巻目です。

 

1巻目と同じ平安時代の王宮が舞台で、主役の2人が代わっています。

 

読み切りなので、1巻だけ読んでも楽しめますよ。

 

淑子と誠明

主役はしっかり者で正義感の強い淑子と真面目で誠実な誠明です。

 

淑子の仕事の場面が多いため、恋愛はあっさり描かれているような印象ですが、誠明の淑子へのひたむきな想いが伝わってきます。

 

後宮の人間模様

淑子の父、橘中納言のドタバタぶり、うっとうしい元許嫁の藤原豊隆、仕事を押し付ける宰相典侍、如才のない女孺、夏実。

 

恋愛だけでなく、王宮での人間模様も楽しめます。

 

印象に残った場面

淑子が誠明と御簾越しで会っていた場面です。

 

その表情は、何と言えばいいのかー祈り、あきらめ、慈しみ、哀しみ、それらのどれとも思えるような、しかし、どれにあてはまるのかは皆目わからない、そんな面持ちだった。

 

草紙シリーズ
yukinotama.com