【おすすめ女性向けライトノベル】「紅の死神は眠り姫の寝起きに悩まされる」

f:id:snowballnote:20220831153452j:image

 

不思議な力を持つ「美しきフロイトの眠り姫」と「紅の死神」と恐れられる皇太子。

 

政略結婚から始まるラブストーリー「紅の死神は眠り姫の寝起きに悩まされる」を紹介したいと思います。

 

特にヒロインのキャラクターがオススメです!

 

 

 

 

「紅の死神は眠り姫の寝起きに悩まされる」

 

 

 

全3巻

 

著者   もり

イラスト 深山キリ

ジャンル ライトノベル/一般

出版社  主婦と生活社

発売日  2017年12月12日

 

登場人物

リリス(アマリリス)

フロイト王国の姫。

 

「美しきフロイトの眠り姫」と呼ばれている。

 

モットーは「前進あるのみ!」

 

エメラルドのような緑の瞳が自慢 。小柄で華奢。

 

明るく前向きな性格。変わり者。19歳。

 

ジェスアルド

エアーラス帝国の皇太子。

 

紅の死神の異名を持つ。

 

前皇太子妃は死亡。

 

赤い髪赤い瞳。優しく真面目な性格。疑い深いところがある。28歳。

 

テ-ナ

リリスの古参の侍女。

 

リリスの姉のような存在。

 

思慮深い性格。

 

フレドリック・グレゴリウス(ヨハン・フレドリック)

リリスの家庭教師。リリスからフウ先生と呼ばれている。

 

賢人と名高い。 

 

本の虫。知識欲の塊。

 

コンラード

ボルノー伯爵。ジェスアルドのいとこ。 

 

女性に人気がある。

 

自意識過剰。空気が読めない。

 

あらすじ

強大な軍事力を持つエアーラス帝国と同盟を結ぶため、政略結婚することになった姫、リリスことアマリリス。「目指せ、押しかけ女房!」の精神で嫁いだけれど、夫・皇太子ジェスアルドは、人々から呪われた“紅の死神”と恐れられ、リリスのことも冷たくあしらう。しかし!そんなことでめげるリリスじゃない!このままお飾りの妃として、キスも知らないで生きていくのは絶対にいや!!だけど実はリリスも、国家機密級の秘密を抱えていて―無愛想皇太子ジェスアルドと、不思議な力を持つ眠り姫リリスの押せ押せ王宮スイートラブロマンス!

引用元:

紅の死神は眠り姫の寝起きに悩まされる【電子版特典付】 (PASH! ブックス) Amazon

 

こんな方にオススメ 

  • 政略結婚ものが好きな方

 

  • 前向きで元気なヒロインが好きな方 

 

  • 包容力のあるヒーローが好きな方

 

  • コメディタッチのお話が好きな方

 

オススメポイント

不思議な力

めったに姿を現さないことから「美しきフロイトの眠り姫」と呼ばれているリリス。

 

世間向けに病弱設定になっていますが、1日の3分の2眠ることもあるほど、よく眠ります。

 

よく眠るのはリリスが持つ不思議な力のためです。

 

リリスは不思議な力でフロイト王国の発展に貢献してきました。

 

エアーラス帝国に嫁ぐことになったリリスは、不思議な力で両国の発展と友好のために頑張ると意気込みます。

 

変わり者の眠り姫

リリスはかなり前向きで元気な姫です。

 

ジェスアルドが冷ややかな態度を取っても挫けません。

 

自分の魅力でジェスアルドをメロメロにすると意気込み小悪魔作戦を実行したり、ジェスアルドが初夜に訪れなかったら自分から夜這いをしたり……。

 

突飛な言動や行動でジェスアルドを振り回し、暴走してしまうリリスですが、心を閉ざしていたジェスアルドの笑顔を引き出します。

 

リリスは変わり者ですが、周りから愛される賢くて可愛い女性です。

 

振り回される紅の死神

珍しい紅い瞳、それに加え赤い髪ということで血の呪いを受けた呪われた王子と噂され、「紅の死神」の異名を持つジェスアルド。

 

同盟のために仕方なく結婚したリリスは、初めてづくしの姫でした。

 

初めて絶句させられたり、初めて混乱の余りめまいがしたり……。

 

驚きの連続で、すっかりリリスのペースです。

 

想像を越えていくリリスは、変わっているというよりおかしいとさえ思ってしまうジェスアルドですが、リリスに惹かれていることを自覚します。

 

コミカライズ作品


紅の死神は眠り姫の寝起きに悩まされる(コミック)【電子版特典付】1 (PASH! コミックス)
 Amazon

 

もりさんの著書

猫かぶり姫と天上の音楽【SS付】【イラスト付】 (フェアリーキス) Amazon

 

悪役令嬢、時々本気、のち聖女。 (PASH! ブックス) Amazon

 

屋根裏部屋の公爵夫人 (カドカワBOOKS) Amazon

 

などがあります。