【おすすめ女性向けライトノベル】「真白き雪の降るごとく」

f:id:snowballnote:20220901211637j:image


破天荒な姫&食いしん坊従者の主従コンビが活躍する、「真白き雪の降るごとく」を紹介したいと思います。

 

『白雪姫』をモチ-フにした、ミステリータッチのTL小説です。 

 

全体の内容のとしては

ミステリー ★★★★★★★ 7

TL       ★★ 2

コメディ  ★ 1

(個人の感想)

 

 

 

 

「真白き雪の降るごとく」

 

 

 

著者   天ケ森雀

イラスト うさ銀太郎

ジャンル ライトノベル/ TL 小説

出版社  パブリッシングリンク

発売日  2013年10月31日

 

登場人物

シェリエルフィア

アルゼハイム第一王女。

 

美貌で名高く、才知に長けている。

 

様々な実験に没頭し、変人と噂される。

 

プライドが高く、破天荒な性格。21歳。

 

リグナルド

北方主国カルダの美形の国王。

 

国民に人気がある。

 

バツイチ&やもめ。温厚な性格。32歳。

 

セティス

シェリエルフィアの少年従者。

 

天涯孤独の身の上。

 

食いしん坊。ころころした体型。

 

ホワイトスノウ

リグナルドと前王妃との間の娘。

 

漆黒の髪に雪より白い肌、林檎色の頬をした美少女。11歳。

 

あらすじ

いつか…わたしの犯した罪も、貴女に語ることができるだろうか――。その美貌の噂が近隣諸国にまで届くアルゼハイム第一王女・シェリエルフィア。少し変わった趣味があったため、父王は北の辺境国カルダの王で、バツイチ&やもめのリグナルドのもとへ彼女を嫁がせることにした。雪に覆われた田舎の国で穏やかな新婚生活が始まるかと思われていたが、そこに彼女の命を狙う何者かの手が…。前妃はなぜ死んだのか? そして今ふたたび新妃の命が…。『白雪姫』をモチーフにした、ミステリータッチのラブロマンス。

引用元:

真白き雪の降るごとく (ルキア)

こんな方におすすめ

  • ミステリーが好きな方

 

  • 破天荒なヒロインが好きな方

 

  • 政略結婚ものが好きな方

 

おすすめポイント

破天荒な姫の輿入れ

父王の騙し討ちのような策略で、カルダの王リグナルドの元に嫁ぐすることになった王女シェリエルフィア。

 

輿入れの道中も腹の虫が治まりません。

 

幼い頃から仕えている従者のセティスは、当たり散らされ涙目に。

 

リグナルドを「田舎者のこぶつきやもめ」と言い放ち、立派な実験室を作らせて見せると、意気込みます。

 

そんな不機嫌な姫を出迎えたのは、さわやかな笑顔の優美な青年王でした。

 

シェリエルフィは一転して乙女 ードに。

 

無事婚姻が成立。

 

セティスは姫の化けの皮が剥がれませんようにと祈りを捧げます……。

 

ミステリータッチの物語

輿入れ早々に、嫌がらせと思われる出来事が起こります。

 

新しい王妃の輿入れを喜ばない者がいるのではないか?

 

誰が味方で、誰が敵か?

 

誰が、どういう目的で?

 

終盤まで真相は分かりません。

 

マスコット的な存在セティス

幼い頃からシェリエルフィアの従者をつとめているセティス。

 

主従コンビの掛け合いが楽しく、重苦しくなりそうな雰囲気を和らげてくれるマスコット的な存在です。 

 

主役並みに出番も多くて、最初から最後まで大活躍します。

 

天ケ森雀さんの著書

アラサー女子と多忙な王子様のオトナな関係 (蜜夢文庫) Amazon

 

社運を託され、強面社長と偽装結婚!? (らぶドロップス) Amazon

 

完璧CEOの正体は悪魔でした 溺愛トラップに翻弄されています! (ガブリエラ文庫プラス) Amazon

 

などがあります。