【オススメ本】「真白き雪の降るごとく」

f:id:snowballnote:20211125225847j:image

 

 

 

「真白き雪の降るごとく」



真白き雪の降るごとく (ルキア)
 Amazon

 

著者   天ケ森雀

イラスト うさ銀太郎

ジャンル ライトノベル/ TL 小説

出版社  パブリッシングリンク

発売日  2013年10月31日

 

登場人物

シェリエルフィア

アルゼハイム第一王女。

 

美貌で名高く、才知に長けている。21歳。

 

薬学や化学など科学分野に興味があり、様々な実験に明け暮れる日々を送っていたが、父王によって騙されるように北の辺境国カルダの王リグナルドの元へ嫁ぐことになる。

 

リグナルド

北方主国カルダの美形の国王。

 

国民に人気がある。

 

温厚な性格。32歳。

 

セティス

シェリエルフィアの従者。

 

天涯孤独の身の上。

 

ころころした体型の愛嬌がある少年。食いしん坊。

 

ホワイトスノウ

リグナルドと前王妃との間の娘。

 

漆黒の髪に雪より白い肌、林檎色の頬をした美少女。11歳。

 

エメラルディア

先王の妹で、ホワイトスノウの祖母。

 

小人達

背丈が低く、顔と声は年配の男性、尖った帽子を被った大きなぬいぐるみのような姿をしている。

 

あらすじ

いつか…わたしの犯した罪も、貴女に語ることができるだろうか――。その美貌の噂が近隣諸国にまで届くアルゼハイム第一王女・シェリエルフィア。少し変わった趣味があったため、父王は北の辺境国カルダの王で、バツイチ&やもめのリグナルドのもとへ彼女を嫁がせることにした。雪に覆われた田舎の国で穏やかな新婚生活が始まるかと思われていたが、そこに彼女の命を狙う何者かの手が…。前妃はなぜ死んだのか? そして今ふたたび新妃の命が…。『白雪姫』をモチーフにした、ミステリータッチのラブロマンス。

引用元:

真白き雪の降るごとく (ルキア) | 天ヶ森雀, うさ銀太郎 | ライトノベル | Kindleストア | Amazon

 

オススメポイント

サスペンス度   ★★★★☆

ロマンス度    ★★★☆☆

TL度      ★★☆☆☆

(個人の感想)

 

こんな方にオススメ

  • サスペンスタッチの物語が好きな人

 

  • 破天荒なヒロインが好きな方

 

  • 『白雪姫』の物語が好きな方

 

破天荒なシェリエルフィア姫

主人公のシェリエルフィアは美貌で知られていますが、様々な実験に没頭し変人と噂される異端の王女です。

 

物語の冒頭からありきたりなお姫様ではないと思わされます。

 

幼いころからシェリエルフィアの従者をつとめているセティスとの掛け合いも楽しいです。

 

マスコット的な存在セティス

セティスは主役並みに出番も多く、最初から最後まで活躍します。

 

ころころ体型のセティスの食いしん坊ぶりも面白いです。

 

『白雪姫』がモチ-フ

『白雪姫』を連想するホワイトスノウ姫や小人、リンゴなどが登場します。

 

サスペンスタッチの物語

輿入れ早々に事件が起きます。

 

誰が味方で誰が敵か?、誰がどういう目的で?、真相は終盤まで分かりません。

 

物語に最後まで引き込まれます。

 

天ケ森雀さんの著書

アラサー女子と多忙な王子様のオトナな関係 (蜜夢文庫) Amazon

 

社運を託され、強面社長と偽装結婚!? (らぶドロップス) Amazon

 

完璧CEOの正体は悪魔でした 溺愛トラップに翻弄されています! (ガブリエラ文庫プラス) Amazon

 

などがあります。