【オススメ本】「政略結婚のはずだけど、実は愛されているらしい」

f:id:snowballnote:20220506140735j:image

 

 

 

「政略結婚のはずだけど、実は愛されているらしい」

 

 

 

著者   逢矢沙希

イラスト 駒城ミチヲ

ジャンル ライトノベル/TL小説

出版社  KADOKAWA

発売日   2020年1月31日

 

登場人物

ディアーヌ・エドワーズ

エドワーズ侯爵家の長女。

 

エドワーズの気高き赤薔薇と呼ばれている。

 

負けず嫌いで意地っ張りな性格。19歳。

 

イグニス・フォレスター

フォレスター侯爵家の嫡男。

 

近衛騎士団の副隊長。 王の信頼が厚く、次期隊長候補。

 

怜利な美貌。22歳。

 

シリル・エドワーズ

エドワーズ侯爵家の嫡男。

 

ディアーヌの弟。

 

美しい容姿の持ち主。小柄でひ弱。頭が良く、博識。14歳。

 

ダミアン・ブリュッヒルト

ブリュッヒルト伯爵家の嫡男。

 

ディアーヌの従兄弟で、実の兄のような存在。

 

優雅な美貌。プライドが高い。

 

あらすじ

代々対立している二大侯爵家の一人娘・ディアーヌと嫡男・イグニスは、ある日突然、王に結婚を命じられる。イグニスは、実はディアーヌの初恋相手であったが、複雑な事情も絡み、嫌われていると感じていた。だが、侯爵家の娘としてディアーヌは突然の王命に戸惑いながらも、弟・シリルのためイグニスとの婚姻を受け入れる。自分を押し殺して初夜を迎えたディアーヌだったが、イグニスと夫婦としての生活を送る中で、自分を嫌っているはずの彼が、実は誰よりも自分を想ってくれていることに気づく。ディアーヌとイグニスが心身ともに夫婦となっていく一方で、ディアーヌの従兄・ダミアンが、自らの歪んだ愛情のためある秘密を利用して、ディアーヌをその手に搦め捕ろうとする―。

引用元:

政略結婚のはずだけど、実は愛されているらしい (eロマンスロイヤル) Amazon

 

オススメポイント

ロマンス度 ★★★★★

ハラハラ度 ★☆☆☆☆

TL度    ★★★★★

(個人の感想)

 

こんな方にオススメ

  • 政略結婚ものが好きな方

  • 美男美女カップルが好きな方

  • 一途なヒーローが好きな方

  • 姉を慕う健気な弟が好きな方
 
こんな方にオススメできないかも
  • TL小説が苦手な方

 

  • 嫁姑問題が苦手な方

 

政略結婚

エドワーズ侯爵家とフォレスター侯爵家。

 

建国時から続く両家の確執を解消するため、イグニスと結婚することになったディアーヌ。

 

イグニスは誠実な男性で、夫婦として順調にスタートしますが、結婚した翌日から嫁姑問題にぶつかります。

 

エドワーズ侯爵家の娘ということで、事ある毎にチクチク攻撃してくる姑。

 

冷たい眼差し、辛辣な言葉に傷つきます。

 

結構キツイ……。

 

イグニスはもちろんディアーヌの味方です。

 

王に命じられた政略結婚でしたが、思いがけない真相がイグニスから語られます。

 

エドワーズ侯爵家の問題事

両親から愛された記憶が殆どないディアーヌは、弟のシリルを溺愛しています。

 

身体が弱いシリルは後継者として相応しくないと考えられていて、両親に冷遇されていました。

 

ディアーヌは実家で孤立を深めるシリルを心配します。

 

後継者問題、従兄弟ダミアンの暴走、親子の希薄な関係……。

 

実家の様々な問題に直面しますが、ディアーヌには頼もしい夫がいます。

 

印象に残った言葉

「どうか、判ってください。……彼女を、愛しているのです」

 

ディアーヌを受け入れようとしない母親にイグニスが言った言葉。

 

逢矢沙希さんの著書

氷の公爵は黒百合の毒婦を愛して離さない (夢中文庫プランセ) Amazon

 

幼馴染みを理想の夫に躾けようとしたら逆襲されました (夢中文庫プランセ) Amazon

 

折れぬ翼で (メリッサ) Amazon

 

などがあります。