「僕の手の中に落ちてこい 完璧紳士の優しい執着愛」

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

f:id:snowballnote:20230317215056j:image

「僕の手の中に落ちてこい 完璧紳士の優しい執着愛」を紹介したいと思います。

 

2015年に書籍刊行後、絶版となっていた「優しい嘘」のリメイク版です。

 

「甘く濡れる嘘~結婚という名の復讐~」というタイトルでコミカライズされています。

 

※若干ネタバレしていますので、気になる方はご注意下さい。

 

「僕の手の中に落ちてこい 完璧紳士の優しい執着愛」は、こんな方におすすめします。


  • オフィスで繰り広げられる恋愛ドラマが好きな方
  • 完璧なヒーローが好きな方
  • 真面目で大人しいヒロインが好きな方

 

 

 

 

 

 

 

 

本の情報

著者   白石さよ

イラスト rera

ジャンル ライトノベル/TL小説

出版社  プランタン出版

発売日  2022年6月6日

 

著者のプロフィール

白石さよ

兵庫県出身。2014年、「不器用な唇」(三交社)で書籍デビュー。2015年、「優しい嘘」(三交社)でエブリスタ小説大賞2015‐16年間グランプリを受賞。

 

あらすじ

出世頭のエリート・黒木との見合いが決まった里英。

分不相応な相手に戸惑うものの、黒木はその場で結婚を宣言。

里英もまた優しく包み込むような彼の人柄に惹かれていく。

「ずっと触りたかった」

堪えきれないとばかりに激しいキスをされ、巧みな愛撫に下腹は疼く。

それなのに彼は最後まで抱こうとしない。

もっと彼が欲しいのに、なぜ……。

完璧紳士が秘める、愛の真実とは!?

引用元:

「僕の手の中に落ちてこい 完璧紳士の優しい執着愛」コミックシーモア

 

登場人物

瀧沢里英

エネルギー関連企業の経理部勤務。28歳。

 

綺麗な顔立ちの清楚な雰囲気の女性。

 

おとなしく、真面目な性格。

 

3年前から人気者の桐谷と秘かに交際していましたが、突然別れを告げられます。

 

黒木裕一

エネルギー関連企業の海外プラント部に所属。30歳。

 

親会社である大手総合商社から派遣されてきた冷静沈着なエリート。

 

理知的で爽やかな顔立ちで、女子社員に人気。 

 

里英とのお見合いの場で、「僕はもう決めています。この話お受けすると」と即決宣言します。

 

桐谷寧史

里英の元彼。エネルギー関連企業の海外プラント部に所属。30歳。

 

華やかなルックスの持ち主で、女子社員に人気。

 

野心家で、打算で動くタイプ。

 

エリートの黒木をライバル視していました。

 

3年交際していた里英を裏切り、専務の娘、円香を妊娠させ結婚することに。

 

おすすめポイント

恋人の桐谷に裏切られて傷心の中、上司からエリートの黒木とのお見合い話を持ちかけられた里英。

 

実はこのお見合いには裏がありました。

 

里英は桐谷より格上の黒木と結婚することで、桐谷に復讐しようと考えます。

 

自分が幸せになることが復讐になるというポジティブな考えではなく、桐谷に見返してやりたいという思いでした。

 

大人しくて真面目な里英が、復讐を考えるほど桐谷への想いは強かったようです。

 

結婚の準備が順調に進む中、里英は黒木への想いを自覚すると、黒木の本心が見えないことで不安を感じるように。

 

後半、里英と黒木がすれ違いそうになってハラハラさせられますが、冷静沈着な黒木が感情をあらわにした場面が見られて良かったです。

 

桐谷&円香カップルには最初から最後まで振り回されますが、結果的には2人のお陰で黒木と里英は幸せをつかみます。

 

コミカライズ作品

「甘く濡れる嘘~結婚という名の復讐~」というタイトルでコミカライズされています。

 

原作にはないオリジナルストーリーが多く描かれています。

 

ライトノベルとマンガどちらも読む場合は、ライトノベルを先に読んだ方が良いかも知れません。

 

「甘く濡れる嘘~結婚という名の復讐~」コミックシーモア

 

最後に

今回は、「僕の手の中に落ちてこい 完璧紳士の優しい執着愛」を紹介しました。

 

あとがきによると白石先生は、執筆前に「胡散臭いヒーロー」と「答え合わせをしない恋」というハードルを設けたそうです。

 

「答え合わせをしない恋」は、恋愛小説の定石ではないそうですが、確かに全部話す必要もないかな、と思いました。

 

物語の終盤、里英が黒木に結婚を決めた理由を聞くと、黒木がはぐらかして答えています。

 

この里英と黒木のやり取りが1番好きな場面です。

 

もう1つのハードル「胡散臭いヒーロー」は……。

 

黒木は秘密がある素敵なエリートという感じでした。(個人の感想)

 

里英と黒木のお見合いから始まるラブストーリーを読んでみて下さい。

 

コミックシーモア