不器用な恋愛模様「五年で私を愛せなければ離縁してください」

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

f:id:snowballnote:20230130215515j:image


「五年で私を愛せなければ離縁してください」を紹介したいと思います。

 

夫婦になって初めての夜、貴女を愛することはないと夫から宣言されてしまった伯爵令嬢。

 

愛されなくても仕方がないと思っていたけれど、求婚した理由を聞かされて……。

 

こじらせヒロインと残念な美男子ヒーロー。

 

恋を知らないまま結婚した不器用な2人が織りなすラブストーリーです。

 

「五年で私を愛せなければ離縁してください」は、こんな方におすすめします。


  • 不器用な恋愛模様が好きな方
  • 溺愛ものが好きな方
  • ヘタレヒーローが好きな方
  • こじらせ系ヒロインが好きな方
  • ハラハラしないで安心して読みたい方

 

 

 

 

「五年で私を愛せなければ離縁してください」の詳細情報

 

 

 

著者   黛千也

イラスト 仲野小春

ジャンル ライトノベル/一般

出版社  アマゾナイトノベルズ

発売日  2022年11月21日

 

あらすじ

伯爵家の三姉妹――聡明な姉と可憐な妹の間に挟まれている次女は容姿も頭脳も平凡。
そんなコルネリアにある日、婚約の打診が入った。
お相手は多くの令嬢が憧れてやまないミューエ侯爵家のシュテファン。
トントンと話が進み、わずか数カ月という異例の婚約期間の末に式を迎えるが、その間に顔を合わせたこともなく、初めて彼の声を聞いたのは結婚式での誓いの言葉だった。

「申しわけないが、貴女を愛することはない」
式を終えて、初めて二人きりとなった初夜で彼が放った一言。
何の理由もなしに平凡な私を欲する人間がいるわけがない……自身でもそう思っていたコルネリアだが、だからといって初夜でそういわれて許せるかといえば別の話。
シュテファンが婚約を申し込んできた真意を知り、逆に仕返しをしてやろうと強く決心をするコルネリアは、今すぐに離縁をするのではなく、ある条件を提示する。
「五年の間に私を愛せなかった場合は離縁してください」
生まれ育った環境から、恋愛感情を知らなかったコルネリアとシュテファンの不器用な恋物語。

<作者より>
マイナスから始まった二人の結婚生活。
けれどお相手にも新生活にも不満はない。嫌がらせも受けるけれど、人気者と結婚した宿命。
そう思っていたけれど、たまりにたまったストレスと夫からの心ない言葉にヒロインは激怒します。
夫にも嫌がらせをしてきた令嬢達にもやり返す! 自分のやり方で!
そんな少し捻くれたヒロインと、実は純情ヘタレなヒーローの恋愛です。

引用元:

「五年で私を愛せなければ離縁してください」コミックシーモア

 

登場人物

コルネリア・フォン・リヒツェンハイン

リヒツェンハイン伯爵家の次女。

 

優秀な姉や美しい妹と比べられ、何も持たない令嬢と嫌味を言われてきましたが、毅然とした対応のできる女性です。

 

人気者のシュテファンと結婚したことで、令嬢たちに妬まれ嫌がらせを受けることに。

 

負けず嫌いで、物怖じしない性格です。

 

恋愛小説と刺繍が好き。

 

シュテファン・オーゲン・ミューエ

ミューエ侯爵家の嫡男。

 

頭脳明晰で、容姿も優れています。

 

王太子の幼なじみで、側近候補でもありましたが、王太子に諫言したことで不興を買い、側近候補から外され、婚約者からは婚約破棄されていました。

 

その後、名誉を回復し、結婚相手として人気のある男性です。

 

生涯結婚しないと言い続けていましたが、コルネリアに婚姻を申し出ます。

 

コルネリアにはちょっと残念な人だと思われていますが、優しく、真面目な性格です。

 

コミックシーモア

 

おすすめポイント

結婚話もなく、将来に対する不安を抱えていたリヒツェンハイン伯爵家の次女コルネリア。

 

ある日、思いがけずミューエ侯爵家の嫡男シュテファンとの婚約が決まります。

 

平凡な自分がなぜ婚約者に選ばれたのか、全く想像がつかないコルネリアでしたが、シュテファンと顔を合わせることなく結婚式を迎えることに。

 

「申しわけないが、貴女を愛することはない」

 

その夜、コルネリアはシュテファンから心無い言葉を告げられたものの、翌日にはシュテファンから甲斐甲斐しく世話をされるのでした。

 

人気者のシュテファンと結婚したコルネリアは、多くの令嬢からの嫉妬や嫌がらせに悩まされていました。

 

ある日、シュテファンの元婚約者とひと悶着あったコルネリアは、シュテファンに自分を婚姻相手として選んだ理由を問いただします。

 

シュテファンの答えに激怒し、実家に戻っていたコルネリアは、離縁を考えていましたが、シュテファンは結婚の継続を望んでいました。

 

「五年の間に私を愛せなかった場合は離縁してください」

 

最終的には条件付きで結婚生活を続けることに。

 

コルネリアは、令嬢たちを見返し、シュテファンの心を乱すため、今まで何事も中途半端だった自分を反省し、自分磨きを開始します。

 

コルネリアはシュテファンのことはおまけで、今回のことを自分を変えるきっかけにしたいと考えたのでした。

 

こじらせ女子のコルネリアとちょっと残念な美男子のシュテファン。

 

恋を知らないまま結婚した2人の恋愛模様が、コルネリア視点で丁寧に描かれています。

 

最後に

今回は、「五年で私を愛せなければ離縁してください」を紹介しました。

 

コルネリアとシュテファンは結婚早々につまづいてしまいますが、結果的には2人にとっての新たなスタートになり、幸せをつかみます。

 

こじらせ女子のコルネリアと残念な美男子のシュテファン。

 

この不器用な2人のラブストーリーを読んでみてください。

 

マンガよむならブックライブ