【オススメ本】「間違いで求婚された女は一年後離縁される」

f:id:snowballnote:20211202222423j:image

 

 

「間違いで求婚された女は一年後離縁される」

 


間違いで求婚された女は一年後離縁される【合本版】 (アマゾナイトノベルズ)
 Amazon

合本版

 

著者   ヤマトミライ

イラスト あましま

ジャンル ライトノベル/一般

出版社  アマゾナイトノベルズ

発売日  2019年1月31日(合本版)

 

登場人物

シェリル・ ハルフウェート

ハルフウェート侯爵の娘。

 

父親から不義の子と思われて育つ。

 

優しくおとなしい性格。20歳。

 

グレイグ・ セノーデル

セノーデル辺境伯。

 

シェリルに間違って求婚してしまう。

 

浅慮な所はあるが、真面目な性格。30歳。

 

リリア・ ハルフウェート

シェリルの妹。

 

父親に溺愛されて育つ。

 

美しいが、高慢で意地悪な性格。

 

デリー

辺境伯の家令。

 

グレイグに信頼されている。

 

リ-リア

辺境伯家の侍女。

 

明るく素直な性格。

 

マリアンヌ

辺境伯家の侍女。

 

ハルフウェート侯爵

シェリルとリリアの父親。

 

シェリルを娘と認めず、リリアだけ溺愛する。

 

あらすじ

『一目見た時から私の心は貴方に奪われていた。どうか私の妻になって欲しい。私の愛しい人』

「不義の子」と父親に娘としてすら認められず、使用人以上に酷使され満足に食事も与えられなかったシェリルは愛情に飢えていた。

そんな彼女に届いた一通の手紙。
私を選んでくれた唯一の人。私に愛を注いでくれる人。
もうすぐ心暖かなセノーデル辺境伯様に会える!

そう願ったのもつかの間、シェリルは予想だにしない言葉を投げつけられる。
「いったいお前は誰だ!?」

幸せを夢見て、彼の元へと嫁いだシェリルに待っていた悲劇とは?!

引用元:

間違いで求婚された女は一年後離縁される【合本版】 (アマゾナイトノベルズ) | ヤマトミライ, あましま | ティーンズラブ | Kindleストア | Amazon

 

オススメポイント

ロマンス度 ★★★☆☆

ハラハラ度 ★★★★★

読みやすさ ★★★★★

(個人の感想)

 

こんな方にオススメ

  • 健気なヒロインが好きな方

 

  • ハラハラしながら読みたい方

 

こんな方にオススメできないかも

  • 可哀想なお話が苦手な方

 

  • 安心して読みたい方

 

不幸な身の上のヒロイン

シェリルは幼い頃に母を亡くし、父からは娘と認められずに育ち、使用人以下の扱いを受けていた不憫なヒロインです。

 

セノーデル辺境伯の元に嫁ぐことになり、ようやく幸せになれると思っていましたが、またしても酷い仕打ちを受けることになります。

 

悪魔のような妹

物語後半にシェリルの妹リリアが驚愕の行動を起こします。

 

緊迫感あふれる展開で、一気に読みたくなります。

 

真実が見えた人と見えなかった人

グレイグとシェリルの父親ハルフウェート侯爵は対照的な結末になります。

 

コミカライズ作品


間違いで求婚された女は一年後離縁される【完全版】1 (インカローズコミックス)
 Amazon

 

ヤマトミライさんの著書

間違いで求婚した公爵様は、そのまま結婚することをお望みです (メリッサ) Amazon

 

宝玉の瞳に映るもの【完全版】 (アマゾナイトノベルズ)  Amazon

 

美しき王はバケモノ王妃を愛す 【合本版】 (アマゾナイトノベルズ) Amazon

などがあります。