【オススメ本】「婚約破棄、したはずですが?~カリスマ御曹司に溺愛されてます~」

f:id:snowballnote:20211016220619j:image

 

 

「婚約破棄、したはずですが?~カリスマ御曹司に溺愛されてます~」

 

婚約破棄、したはずですが?~カリスマ御曹司に溺愛されてます~ (マーマレード文庫) Amazon

 

著者   栢野すばる

ジャンル ライトノベル/恋愛・ロマンス

出版社  ハーパーコリンズ・ジャパン

発売日  2019年2月14日

 

登場人物

七倉綾

名家のお嬢様。

 

英語やお茶、茶道など教養を叩き込まれて、ゆくゆくは名家の奥様になるべく育てられる。

 

美貌の誉れ高い姉と優秀な兄の陰に隠れて、地味な存在。

 

おとなしく優しい性格。

 

黒崎湊

黒崎グループの後継者。

 

湊は御曹司としての重圧や周囲からの中傷に晒されます。

 

優しく真面目な性格。

 

七倉陽子

綾の姉。

 

大富豪に嫁ぎ、夫に愛されて幸せに暮らしている。3児のママ。

 

美貌の誉れが高く、華やかな存在。

 

気は強いが、綾にとっては可愛がってくれる優しい姉。

 

七倉久志

綾の兄。

 

弁護士。飛び抜けて優秀で、大学在学中に司法試験に合格した。

 

政略結婚したが、離婚する。

 

行動的で、理屈っぽい性格。

 

あらすじ

婚約破棄をきっかけに家を出て、海運会社で働く七倉綾。ある日、突然の人事異動により常務取締役の秘書に任命される。そこで常務として紹介されたのは、かつての婚約者・黒崎湊だった!幸せだった当時と変わらぬ優しさで接してくる湊に、綾は忘れようとしていた恋心が揺れ動く。お互いの言葉の誤解を解くことで、止まった二人の時間が再び動き出し…。

引用元:

婚約破棄、したはずですが?~カリスマ御曹司に溺愛されてます~ (マーマレード文庫) | 栢野すばる | ライトノベル | Kindleストア | Amazon

 

オススメポイント

執着度   ★★★★★

すれ違い度 ★★★☆☆

読みやすさ ★★★★★

(個人の感想)

 

こんな方にオススメ

  • 執着・溺愛ものが好きな方

 

  • 上流階級の世界を垣間見たい方

 

  • 安心して読みたい方

 

やり直しラブ

綾と湊はすれ違いから別れてしまいますが、別れの原因となった湊の事情が物語前半には分かります。

 

ハラハラする展開を期待していると拍子抜けするような事情ですが、2人の関係に足りなかった点をお互い気付いて反省し、再び愛を育んでいきます。

 

素敵な家族

兄の離婚話や姉の幸せな結婚生活の様子、親の愛情を感じられる場面も書かれていて、恋愛以外でも楽しめます。

 

印象に残った言葉 

自己評価の低い綾に母親が掛けた言葉です。

 

「(中略)どんな人間にも貴方を軽んじる権利はありません。誰かに傷つくようなことを言われたら、まず初めに、それが正当な評価なのかを考えること……それをどうか忘れないで」